読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾患のデパート(血友病A 先端巨大症 ぜんそく アトピー・・・・)

様々な持病を抱えた社会人♂がいろいろ語ります。

アトピービジネス

アトピービジネスとは、アトピーが治りにくいことを利用したビジネスです。アトピーは慢性で再発しやすく長期化しやすい疾患であるがゆえに皮膚科の治療がうまくいかず、なかなか治らないことが多いん です。
 この病気は、塗り薬を先生から言われた通りにちゃんと塗らないと治らない病気なんですね。指示さえ守って真面目に薬を塗ってれば治るんですが、塗り薬って塗るの面倒じゃないですか。患者が指示を守らないことが多いんですよ。アトピーの治療ってのは風呂あがったらすぐに保湿剤を全身に塗って、炎症があるところにステロイドを十分量塗る(ここも大切です。多くの患者はステロイドにびびってちょっとしか塗りません)、それも勝手にやめずにちゃんと赤みが収まるまで塗る。次の診察で薬を切り替えて、また塗り、来院。徐々に投与間隔を大きくしていって最終的に塗らなくなるか、塗る頻度を少なくしていい状態を維持できれば治療成功なんですね。
 だからアトピーってのは皮膚科医の指示を守ることがとても大切なんですが、ちょっとよくなると面倒になって薬を塗らなくなる人が多い。塗らなくなると湿疹は悪化する。本来は患者がちゃんと指示通りに塗ってないから悪い、という話ですが一部の患者は医者のせいにします。皮膚科医やステロイドに対して不信感が生まれるんですね。
 そこに付け込んでくるのがアトピービジネス。「病院やクリニックにいってもアトピーは治らない!皮膚科医はステロイドを出すだけだ!本当に治すには体質を変えるためにこの薬やサプリを飲めばいい!この化粧品を塗ればいい!」とか言うわけです。患者が持つ、ステロイドや皮膚科医に対する不信感に付け込んで自社製品を買わせようとするわけですね。当然売りつける製品は本当にデータを取ったのかも怪しいものだったりします。(中にはまともなのがあるかもしれませんけど僕は信用できません)
 彼らのような集団がはびこっているのはもう一つ理由があります。個人ブログです。その会社と無関係な人であっても「皮膚科医は行くべきでない。ステロイドを出すだけ」「このサプリや化粧品を使ったら治った!」「脱ステロイド」という真偽がはっきりしていない情報を声高に叫ぶブロガーたち。彼らもこのアトピービジネスの共犯者となってしまうのです。彼らに悪意がなくても。彼らはたまたまその方法で治ったのかもしれませんが、その方法は医薬品を使った治療のように臨床試験をして大勢の患者を対象にデータを取っているわけではありませんから、その方法は普遍的な方法ではありません。マクロの視点から見れば信用できないものかもしれないのです。が、それをあたかもみんなに使える治療法ですよ、とドヤ顔で吹聴する人がいる。それもきわめて断定的な言い方で。こういう状況があるからアトピービジネスはなかなかなくならないのです。
 アトピーとか湿疹で悩んでいる人は必ず皮膚科に行き、その先生の言うことを守るべきと思います。それも専門医がやっている皮膚科ですよ。○○クリニック 内科 小児科 皮膚科 とか ××医院 内科 皮膚科 みたいに「皮膚科」が一番最初に来ていない皮膚科はだいたい偽物の皮膚科です。彼らは内科の先生で、皮膚科の専門知識がありませんので適当にステロイドを出すだけという治療をしてしまいがちです。○○皮膚科 ○○皮フ科医院 ▲▲クリニック 皮フ科 形成外科 などはたいてい皮膚科専門医です。
 ぜひとも皮膚科専門医でアトピーの治療を受けるべきです。それもちゃんと保湿剤とステロイドを両方使い、よくなったらちゃんとタクロリムス(成分名です。僕は先発品を使っています。)や弱いステロイドに切り替えてくれる先生がベストです。皮膚科の中でもピンキリで、ステロイドを適当に使っとけばいいだろみたいな先生もいますので注意が必要です。逆にステロイドをまったく使わない先生というのもいますが、果たしてどうなのか。データに裏付けされている治療かどうか調べる必要はあるでしょう。皮膚科選びは慎重に。そしてアトピービジネスに騙されないようにしましょう。

 

.entry-footer-section{display:none;}